5843

ロシア語の発音

ロシア語は母音字と子音字が組み合わせて出来ています。

ですから、英語のように文字通り、発音したとしても、ほとんど通じます。

ロシア語を正確に話そうとするといくつか覚えておいた方が良いルールがあります。

ロシア語は英語よりも母音が多いのが特徴です。もちろん子音も英語とは異なります。

英語と全く同じ発音もあれば、全然違う発音もあったりします。

特に日本語にはない発音を覚えるのは大変だと思います。

発音の学習については、ネイティブの発音を何度も聞いて、繰り返し正しく発音出来るように練習することが大切です。

448

ロシア語のアルファベット

ロシア語のアルファベットは全部で33種類あります。文字の構成は、ギリシャ語の借用文字とロシア語オリジナルのキリル文字で成立しています。

ブロック体 Аа Бб Вв Гг Дд
名前 アー ベー ヴェー ゲー デー
発音 ア[a] ブ[bɛ] ヴ[vɛ] グ[ɡɛ] ドゥ[dɛ]
ブロック体 Ее Ёё Жж Зз Ии
名前 ィエー ィヨー ジェー ゼー イー
発音 ィエ[je] ィヨ[jo] ジュ[ʐɛ] ズ[zɛ] イー[i]
ブロック体 Йй Кк Лл Мм Нн
名前 イクラトカエ カー エル エム エヌ
発音 イ[i ˈkratkəɪ] ク[ka] ル[el][elʲ] ム[ɛm] ヌ[ɛn]
ブロック体 Оо Пп Рр Сс Тт
名前 オー ペー エル エス テー
発音 オ[о] プ[pɛ] ルル[tɛ] ス[u] トゥ[ɛf]
ブロック体 Уу Фф Хх Цц Чч
名前 ウー エフ ハー ツェー チェー
発音 ウ[u] フ[ɛf] クフ[xa] ツ[tsɛ] チ[tɕe]
ブロック体 Шш Щщ Ъъ Ыы Ьь
名前 シャー シシャー 分離記号 ゥイ 軟音記号
発音 シュ[ʂa] シシュー[ɕɕa]  [ˈtvʲordɨj znak] ゥイ[ɨ]

[ˈmʲæxʲkʲɪj znak]

ブロック体 Ээ Юю Яя
名前 エー ユー ヤー
発音 エ[ɛ] ユ[ju] ヤ[ja]

54864

発音方法

Аа  日本語の「ア」と同じ発音です
Бб 英語の「B」と同じです。唇を閉じて発音します。
Вв 英語の「V」と同じです。下唇の裏側に軽く前歯を触れて発音します。
Гг 英語の「G」と同じです。鼻から声を出さないように発音します。
Дд 英語の「D]と同じです。舌先を上の前歯の裏側につけて発音します。
Ее 「エ」の前に小さな「ィ」をつけて発音します。
Ёё 「オ」の前に小さな「ィ」をつけて発音します。
Жж 舌を少し引いて上顎とのとの空間を挟め、下と上顎で声を絞りだして発音します。
Зз 英語の「X」と同じです。舌を口内のどこにも付けずに発音します。
Ии 日本語の「イ」と同じです。
Йй  母音とつなげて使います。発音は弱い「イ」です。
Кк

英語の「K」と同じです。息だけの発音です。

Лл 舌の中ごろを下げ、舌先を上の前歯の裏側につけて発音します。
Мм 口を閉じて声を鼻から出します。
Нн

英語の「N」舌先を上の前歯の裏側につけて、声を鼻から出します。

Оо 日本語の「オ」よりも強く発音します。唇を丸めて口の奥から発音します。
Пп 英語の「P」と同じです。唇を閉じて、急に息を出します。
Рр

日本語の巻き舌のように舌を振動させます。

Сс 英語の「S」と同じです。舌を口内のどこにもつけないで息だけで発音します。
Тт 舌先を上の前歯の裏側につけて発音します、
Уу  唇を丸めて吹き出すようにして、喉の奥から声を強く長く出します。
Фф 英語の「F」と同じです。下唇の裏に軽く前歯で触れて発音します。
Хх のどの奥でタンを切るようなつもりで、息だけで発音します。
Цц 日本語の「ツ」と同じです。
Чч 日本語の「チ」よりも舌を引いて、舌先を上顎につけて発音します。
Шш 舌を少し引いて上顎との空間を狭め、舌と上顎で息を絞り出すように発音します。
Щщ 英語の「sh」よりも長く強く発音します。
Ъъ 分離記号です。前後の音を分ける記号です。文字自体に音はありません。
Ыы のどの奥から、「ゥイ」と発音します。
Ьь 軟音記号です。直ぜzんの音を難化させる記号で、口を「イ」の形にします。
Ээ 日本語の「エ」と同じです。
ユ[ju] 日本語の「ユ」の前に小さな「ィ」をつけて発音します。
Яя 日本語の「ヤ」の前に小さな「イ」をつけて発音します。

89794

ロシア語の母音

ロシア語の母音には硬母音と軟母音の2種類があります。硬母音は日本語の「アイウエオ」に該当します。軟母音は「ヤ行」に類似しています。軟母音は硬母音の前に小さな「ィ」を入れて発音するのが特徴です。

硬母音 А Ы У Э О
軟母音 Я И Ю Е Ё

5944

母音の発音の注意点

ロシア語の単語はアクセントが必ず1つあります。アクセント部分は強く長く発音します。アクセント記号に気をつけましょう。

※母音が1つだけの単語はアクセント記号は省略されます

・アクセントのない「О」は「ア」と発音します。
・アクセントから2つ以上前の「О」は「ウ」と「ア」の中間の音になります。
・アクセントのない「Я」と「Е」は「イ」の音に類似します。
・語尾の「Е」は「Я」は発音する時があります。

 

978464

子音の対応と発音規則の注意点

ロシア語の読み方は、ローマ字とほぼ同じで子音と母音を合わせて読むことが原則です。なので、文字通りに発音すれば、基本的には言葉は通じます。

しかし、外来語は例外で、文字通りに発音すると伝わらないことがあります。

子音は口の構えや舌の位置は一緒です。子音には有声子音と無声子音の2種類があります。有声子音は声が入ります。無声子音は息だけが入ります。

有声子音 Б В Г Д Ж З
無声子音 Л Ф К Т Ш С

発音規則

必須ではありませんが、覚えておいたほうがよいルールです。

・単語有声子音で終わる場合、息だけの音になります(無声化)
・有声子音の直後に無声子音が続く場合、有声子音が無声化します
・無声子音の直後に有声子音が続くと、無声子音が有声化します
・「Г」が「В」と発音される場合があります
・「Ч」が「Ш」と発音される言葉があります
・読まない文字(黙字)があります

8784

イントネーションの規則

ロシア語は1文中でアクセントを強調する部分(ポイント)は基本1箇所です。代表的なイントネーションの型を説明致します。

・平叙文(否定文と肯定文)は、平らなイントネーションで始まって、ポイントで下がります
・疑問詞のある疑問文は疑問詞の部分だけを上げて文尾は下げます
・疑問詞のない場合、疑問の中心をなす言葉のアクセント部分(ポイント)でイントネーションを急上昇させて、あとは下げます
・聞き直しや、念を押す時に文尾(語尾)が上がります
・感嘆文は分の最初のアクセント部分でイントネーションが急激に上がり、そのままの調子で文尾まで続き、最後に下がります